逮捕期間

警察は容疑者を逮捕すると2日間、拘束することができます。この間に本人の取り調べなどをおこなます。ただし、2日間で捜査が終わるのは、稀です。
そのため、この2日の間に今度は検察庁に送られることになります。

検察庁では

検察庁では検察官から取り調べを受けることになります。警察官はなじみがあっても、検事がどういう人かはほとんどの人が知らないはずです。木村拓哉さんが出演していたドラマHEROは検察官をテーマにしていましたが、じっさいの検事は、当然もっと真面目です。

勾留期間

検事の調べを受けると、勾留請求されるケースが多いでしょう。勾留とは拘束を10日間するものです。検察官が勾留請求すると裁判官がこれを審査しますが、大抵の場合請求が認められます。

10日の間に捜査がすすめられ、最終的に検事が処分を決めます。また、捜査が終わらなかった場合はさらに10日間勾留が延長されます。

スピード

逮捕後は対応にスピードが求められます。

ページのトップへ戻る